Skip to content

FXってどんな投資?大きく儲けることもできる?

FXとは「Foreign Exchange」を略した言葉で、「外貨証拠金取引」のことを指します。「株式」への投資と並び、個人で小額でも行うことができます。 その株式投資では、購入した株式の価値(レート)がその時より上った時点で売却すると、差額が利益になります。FXでも同様で、それが外貨になったものだと考えて構いません。簡単な例では、アメリカの通貨であるドルの価値が日本円で1ドル=100円の時に100ドル(1万円分)購入し、105円になった時点で売却すると10500円になり、差額の500円が利益となる具合です。(※ここでは分かりやすいように、取引の際に発生する手数料などについては考慮していません) そして、FXは「証拠金取引」とあるように、外貨の購入の為に用意したお金を「証拠金」とすることで、それ以上の外貨を購入することができるのが特徴となっています。この仕組みを「レバレッジ」と呼んでおり、例として、1万円の投資で「10倍レバレッジ」を利用すると、その1万円を証拠金として9万円を借りることになり、10倍になる10万円の外貨の購入が可能になります。 これによって、1ドルが100円であれば、1000ドルまで購入することができ、105円に上った時点で売却すれば、レバレッジを掛けずに100ドルしか購入しなかった場合の差額の10倍の5000円の利益を得ることができるのです。 このレバレッジの使い方こそが、FXの一番のポイントになると考えていいでしょう。それは、逆に購入した外貨の価値が下がってしまった時には、掛けていたレバレッジによって、5倍や10倍という損失を被ってしまうからです。 よって、ここぞという時(その外貨がいかにも上りそうな時)には大きなレバレッジを利用するという投資が有効になり、FXの口座を持っている会社にもよりますが、最高で25倍までのレバレッジが利用できるようになっています。 また、FXで外貨を購入し、保持している間は、その外貨の発行元である国(ドルであれば、アメリカ)に対してお金を貸しているという扱いになる為、利息を得ることができます。大量に所持している外貨により、それを売ることなく、毎日利息だけを受け取っているというFX投資家も少なくありません。 このような2つの方法で利益が得られる投資がFXです。1ドルが100円から105円になった程度であれば、大した値上がりではないと思われるかも知れませんが、実際に投資した10万円を証拠金として25倍レバレッジを掛けていて、25000ドル(250万円分)持っていたとすると、投資金額を上回る125000円もの利益になるのです。これがFXの醍醐味であり、株式とはまた違う投資として人気となっています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です