Skip to content

少ない資金で不動産への投資ができるREITとは?

近年は株式やFX、ETFなど、投資ツールが豊富になっていますが、不動産もその一つです。ただ、一般市民が不動産投資をするのは資金面や管理面、リスク面での負担が大き過ぎます。そこで、誰でも気軽に不動産に投資できるのが、「REIT(不動産投資信託)」です。

●REITとは
REITとは、不動産を対象とした投資信託のことです。投資法人である運用会社がREITを不特定多数の利用者に販売し、資金を集めます。その資金を元手に不動産を購入し、その収益を利用者に還元するというのが基本的なシステムです。通常、不動産に投資するには高額なお金が必要になりますが、REITを利用すると10万円程度のお金でも投資が可能になります。いわば、「不動産専用投資信託」と言えます。

集めた資金はテナントビルやマンション、ホテルなどの購入に使われ、不動産から得た賃料などの利益は、利用者の出費額に応じて分配されます。運用の主な目的が賃貸契約であるため、継続的な収入が見込めます。さらに、賃料は景気の変動にあまり左右されないため、安定して配当を得られます。

ただし、REITも投資には変わりがないため、元本が100%保証されているわけではありません。

●2つのタイプのREIT
REITは大きく分けて、「特化型」と、「複合型」の2型があります。
1.特化型
資金が1種類の特定した不動産で運用されます。特化型は用途が限定されているため、商品の選択が容易にできます。例えば、オフィスビルの場合は、景気が上向くと比例して収益が向上する傾向があるため、高リターンを狙う利用者に適しています。また、景気に左右されることがほとんどないマンションなどの住宅は、安定性を重視する人にはうってつけです。ただ、特化型は1種類で運用するため、その分リスクが大きくなるというデメリットがあります。

2.複合型
ホテルとマンション、商業施設とオフィスなど、運用資金が複数の不動産に使われます。複合型は安全性の確保の面でREITの主流になっています。用途の違う不動産がセットされているため、リスクを分散できるのが特徴です。ただ反面、収益の不調な不動産が全体の利益の足を引っ張るということがおきます。

●REITのメリット
REITには以下などのメリットが挙げられます。
1.出資金が少額
不動産は高額な商品であるため、投資をするにも資金的に大きな負担になります。REITは投資信託であるため、1人の資金は少なくても、人数がまとまることで不動産投資が可能になります。
2.管理コストが不要
個人で投資用不動産を持つと、不動産の管理や維持にかかるコストや手間が重圧になります。REITの場合はそれが不要になり、また空き室のリスクもありません。
3.知識が不要
資金の運用は投資会社のプロが行うため、利用者は不動産投資に対する知識が要りません。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です