Skip to content

株価を上げるための企業努力

世界的なコロナウィルスの影響で株価に関しては世界でかなりされている事は言うまでもありません。しかしながらこの影響別としてどのようにして株価を上げていくか、少しずつ企業の考え方も変わりつつあります。
もちろん、これには企業トップの考え方や事業がどれだけ伸びていくかと言う当たり前のポイントがありますがそれに加えて新たなポイントが出てきています。
それが、世界的に潮流になりつつある環境投資やESG投資、社会貢献活動といったようになります。企業として事業を伸ばしていくこと当たり前のこと、それ以外にどのように社会に貢献しているかを投資家にどれだけPRすることができるか、そしてそれを実践することができるかによって株価が変わると言うものです。
実際に企業が発行するアニュアルレポートに対しても、このような側面の活動がどれだけ推進しているか、そしてこのような活動に対するクラウドファンディングを起こしどれだけ投資を募ることができているかといった活動もPRする時代がやってきています。そしてこれはクラウドファウンディングで個人だけではなく賛同してもらえる企業からの投資も募ることで結果的にブランディングを図っていることになります。
企業としてブランディングを図ることで株価を上げる、このサイクルを活用するために社会貢献活動がうまく活用されています。そして最近ではこれを社会貢献活動のみならず、国連の掲げる目標としてSD Gsがありますのですべてをそこに集約する形で活動を行うようになっています。
実際このような活動を形式的ではなく実践するような企業は業績そのものも好調で株価も間違いなく上昇傾向にあるといえます。
綺麗事で考えられがちですが、これからの世界で企業が価値を上げていく、ブランディングを図る、最終的に株価を上げていくためにはこのような社会貢献活動やSDGsを当たり前のように実践していく必要があります。
結果として株価が安定して上昇し、投資できるマネーが増えてくることになるのです。
しかしながらこのような分野に投資を募る事はなかなか難しいものです。いかにあらゆるステークホルダーと連携をしつつ、自社だけではなく全てで社会貢献活動を推進していく姿勢を見せ、資金を調達していくかを考えなければなりません。
正しくトップマネジメントが試される時代がやってくると言えるでしょう。
そしてそのマネジメントが株価を左右することになります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です