Skip to content

バイナリーオプションの手法とは

5分取引を逆張りで攻略するための手段について解説します。バイナリーオプションにおいて逆張りのテクニックは取引時が短くなる事から多くのトレーダーに好まれています。バイナリーオプションをしていてRSIを知らない人はいないのではないでしょうか?RSIとは売られすぎ買われすぎを表す指標です。具体的にRSIを使って取引を行っていくプロセスは、RSI値が30を下回ったらHIGHエントリー、70を上回ったらLOWエントリーという2点だけです。上の項目でRSIの普通なエントリーキーポイントの区別方を解説しましたが、それで実際にみんなが勝てるわけではないのがバイナリーオプションです。RSIで配慮するべき点は時価が加熱したケースの張り付きです。実を言えばRSIとは傾向時価、つまり時価の方向性が定まっている事例にはあまり影響を発揮しないインジケーターなのです。モード時価になるとRSI値は30か70を大きく超えて、デフォルトジグザグを繰り返しながら推移するため、逆張りをしても勝てないのです。さらりとCCI+RSIのテクニックを解説してしまいましたが、この方法はエントリー秘訣も多く、勝率も高いので本当は人に教えたくないほどの技術です。お気付きの方もいらっしゃるとは考えますが、この方法のRSIの使い方はわずか特殊です。上で解説したボリバン+RSIの使い方とは異なる点、70を上抜けしたから、もしくは30を下抜けしたからエントリーする、という決め方ではないのです。35~65の値内でラインを抜けていないという事が前提です。RSIがラインを抜けたらエントリーしたら、ダメなのでこの点は用心しましょう。しかも、CCI+RSIの技法は1分取引でも影響抜群です。

バイナリーオプションの5分取引を逆張りで攻略する技術を解説しました。以下ではバイナリーオプションの5分取引を順張りで攻略するテクニックをご解説します。順張りとは時価が動いている方向に向かってエントリーし、取引を行うものです。レンジ時価と趣向時価で逆張りと順張りを使い分ける事が可能なと、トレーダーとしての奥行きも広がる事間違いなしです。普通に上昇趨勢の時価では短期、中期置き換え平均線より高い代金が維持されやすいという時価のポイントを用いて5分取引を攻略します。下降流行時価ではその逆という事になります。つまり趨勢時価において短期、中期置き換え平均線までにローソク足が触れたケースに趨勢方向にエントリーすれば成功する確率は高いというわけです。ですのでこの攻略技法は移し変え平均線を支持線、抵抗線がわりに利用します。ハイローオーストラリアには転売という働きがあるのをご存知でしょうか。実を言えばこの転売というパフォーマンスでロスを減らしたり、利益を確定できたりします。以下からこの転売を使用したバイナリーオプション5分取引攻略技術をご解説します。転売のルールをご解説したのち、転売での利益の上げ方を紹介していきます。普通に転売は望み値が下がる行為ですので、使用する時は自らのルールを守った上で行うようにしましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です